2010年06月16日

大阪港に体長70センチのワニガメ(産経新聞)

 14日午前8時半ごろ、大阪市港区海岸通の大阪港で、体長約70センチのワニガメが泳いでいるのを、船舶点検していた大阪府警水上署の男性署員が発見。網で捕獲した。

 ワニガメは米国原産。あごの力が強く、人に危害を加える恐れがある特定動物に指定されており、飼育には都道府県知事などの許可が必要という。

 生後8〜10年とみられ、水上署は拾得物として保管。ケージのすき間から竹の棒を差し入れると、かみついて折るほどといい、同署は「飼い主は、早く名乗り出てほしい」。

【関連記事・各地で「迷いワニガメ」発見】
公園に“捨てワニガメ” 4人がかりで捕獲
住宅街の路上にワニガメ 寒さのせいかあまり動かず
名古屋の川にワニガメ 6月に続き2匹目 
岐阜・可児市の川に「ガメラ」
名古屋で体重37キロのワニガメ捕獲

<南アW杯>民族楽器「ブブゼラ」の”不快音”を再現 アイフォーンアプリで(毎日新聞)
<猪瀬副知事>ツイッターで大阪市長と論争 水道局年収で(毎日新聞)
飲食店の未明出入り禁止=内部規則を改定―在沖縄米軍(時事通信)
「歳費ドロボー」と野次相次ぐ 民主・河上氏の辞職了承(産経新聞)
みんなの党、阪急百の元部長を擁立へ 参院選大阪(産経新聞)
posted by マル ヨシヒサ at 18:20| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

消費税率10%を明記=自民参院選公約(時事通信)

 自民党は3日、参院選公約に消費税率について現行の5%から10%への引き上げを盛り込むことを決めた。先月発表した原案では「税率は政権復帰後に決定」としていたが、「財源があいまいなままでは民主党と差別化できない」(幹部)と判断し方針転換した。
 公約では年金、医療、介護、少子化などの社会保障費に全額を充てることを前提に、消費税率を「当面10%とする」と明記。ただ、引き上げ時期には触れなかった。
 一方、自民党は「マニフェストは民主党政権によって詐欺の代名詞と化した」として、原則として「マニフェスト」の名称は使わず、「参院選公約」と呼称することを確認した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月

鳩山首相、引退へ 「次期衆院選に出馬せず」(産経新聞)
ニキビがかわいいのは何歳くらいまでですか?(Business Media 誠)
<民暴対策>「30周年全国大会」2000人が参加 香川(毎日新聞)
「被告ではありません」 裁判員裁判の初公判で一転、否認(産経新聞)
小林陣営の選挙違反事件 労組丸抱えの運動(産経新聞)
posted by マル ヨシヒサ at 21:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。